*

勃起力を強化するトレーニング方法を紹介。オトコだろ??アゲアゲでいけ!!

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 【コラム】オトコの悩み ,

ec001

■勃起力を強化することは大切

 

最近、勃起力を強化するためのトレーニングに関心のある人が増加しています。

 

男性であればだれでも勃起しないというのは深い悩みですので、これは当然のことです。

 

いざという時にいう事を聞かず、青ざめた経験がある男性は意外と多いもの。

 

男性が勃起力を強化したいと考えるきっかけは、精力が落ちてきた時や、セックスの最中にペニスが小さくなってしまう中折れがあったときです。

 

この原因は、男性ホルモンの分泌量が減少したことです。

 

つまり、勃起力を強化したり回復させたいのであれば、男性ホルモンの分泌量を増やすためのトレーニングをします。

 

なお、男性ホルモンがあまり分泌されなくなってくると、勃起しなくなったり性欲をあまり感じなくなるだけではありません。

 

射精をする機能にも悪影響が出てくるので、勃起力を改善することはとても大切なことです。

 

ec002

 

 

■おすすめの勃起強化法

 

ここではおすすめの勃起強化法をご紹介します。

 

勃起力を強化するための方法としては、ペニスの亀頭部分の下を指で強めにつまみます。

 

その際に使うのは親指と人差し指で、ちょうど輪を作るようにして勃起する方向へと引っ張るのです。

 

亀頭部分がパンパンに張り詰めるほど強く引っ張るようにしなくてはなりません。

 

このときにかなり強烈に引っ張るのですが、これはペニスが勃起しないようにするためです。勃起してしまうとトレーニングにならないからです。

 

 

次に、その状態で片方の手を使って、恥骨のある部分を恥骨の反対側まで強くもみます。

 

その際にちょっとでも固い何かの感触があれば、その部分を力いっぱいもむのです。

 

この一連の動作を30分ほど行うのが勃起力を強化するためのトレーニングです。

 

 

このトレーニングはパートナーに手伝ってもらってもいいのですが、パートナーが注意しなくてはならないことがあります。

 

それは消極的な発言をしてはいけないということです。手が疲れたとかという言葉を発すると、男性のメンタル面に悪影響が出るからです。

 

 

なお、この勃起力強化トレーングは男性だけで実践することは可能で、パートナーの手を借りなくても気軽に自分だけでできます。

 

このトレーニングは排尿した際に実践することも可能であり、勃起する方向に向けてペニスの亀頭部分を引っ張ればいいだけです。

 

その際には、オシッコを我慢するような運動をするといえばわかりやすいでしょう。

 

このような動作を30~50回ほどオシッコをした後で実践します。

 

一連の動作を繰り返すことで、勃起力を高めることができるのです。

関連記事

EC0718

チーズとアスパラで精力が改善出来るという、ウソのようなホントの話。

■チーズで精力が改善できるだと?  

記事を読む

bokkikakudo1ec

勃起角度と硬さの関係をチェック!年齢とともに下を向くのは頭や心だけじゃない。

■ペニスの勃起角度と硬度には関係がある   ペニスが

記事を読む

bom080412

コーラを飲んではいけない!?コーラと精力、コーラと精子の関係とは!

■コーラは精力を減退させてしまう?  

記事を読む

早漏暴発ec

早漏の暴発なんてオトコじゃない!まずは自分の早漏のタイプを知ろう! ~早漏の種類について~

  早漏にもいろいろな種類がありまっせ。

記事を読む

0905ec

短小って言うな!!でも実際オレって短小…なのか?短小とマイクロペニスについて。

  ■短小って何なのか? &nbs

記事を読む

bow20160528ec

前立腺を鍛えると精力増強が出来るというお話です。明日から靴下は立ったまま履こう!!

  ■前立腺を鍛えることには意味がある

記事を読む

bor0213 - コピー

知ってるつもり?男性ホルモンとは何か。精力との関係は?

  男性ホルモンとは何か? &nb

記事を読む

bow0927001ec

精力増強に繋がるツボがある!!こうなったらツボも押して精力アップだ!!

精力を増加させることができるツボがある  

記事を読む

seiryoku1

精力剤は男性の味方。有効に利用して、男性らしさを保とう!!

  ■精力剤は男性の味方 年をとる

記事を読む

男性ホルモン_病気_EC

知っておきたい男性の体の仕組み。男性ホルモンが減ると病気になるの?

  ■男性ホルモンの減少が原因の病気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑
電気自動車