精力剤って一言でいっても種類があるぞ!自分にあったお宝精力剤を見極めろ!男をアゲていけ!

精力剤にも種類がある

 

■精力剤は大きく3つに分類できる

精力剤という言葉をよく耳にするかと思いますが、「強精剤」「強壮剤」「勃起薬」の3種類に分類されます。

どれも同じじゃあないかと思う人もいるかもしれませんが、その効能には違いがあるのです。

人それぞれに性機能の状態も異なるでしょうし、求めるものも違うので、それぞれの効能についてはよく理解しておく方がいいでしょう。

ここでは、3種類の精力剤について解説します。

 

■強精剤とは

強精剤とは、勃起不全の治療のために使用する薬剤のことで、催淫効果もあります。

勃起中枢を刺激して興奮させるヨヒンビンなどがありますが、大変強力な薬剤であるため副作用が出るリスクがあるものです。

大量に投与すると腎機能に障害が発生したり、中枢神経の麻痺などの症状が出て、最悪の場合は呼吸困難で死に至ることもあります。

 

またカンタリス剤という強精剤もあり、服用すると尿路を刺激することでペニスを勃起させることができます。

ただし、腎炎を引き起こすリスクがあるので注意が必要です。

この他には、ペニスを発育させる働きのある性ホルモン剤や、麻酔効果により勃起している時間を長くできる塗り薬、漢方薬もあります。

 

■強壮剤とは

強壮剤とは、病気の体を改善させることを主な目的とした薬剤のことです。

例えば、新陳代謝の機能をもとに戻したり、栄養状態をよくしたり、疲労を回復させたりさせます。

さらに、強壮剤は次の5種類に分類されます。

 

・変質強壮剤:亜ヒ酸剤。体質を改善させるのを期待できます。

・苦味強壮剤:キナ製剤。胃液を分泌させる働きがあります。

・補血強壮剤:鉄剤。血液中の鉄分を補給します。

・滋養強壮剤:ビタミン剤。栄養補給により性機能を回復させます。

・漢方:有名なものは朝鮮人参

 

■勃起薬とは

勃起薬として世界的に有名なのはバイアグラで、ペニスの血流量を増やして、勃起させ一定の時間継続させる働きがあります。

勃起薬というのは、いわゆるインポや勃起障害を治療するために使用されます。

ヨヒンビンという成分が主な原料となっていて、ペニスが勃起しようとするときにそれを抑制しようとして働く自律神経の機能を改善させるのです。

つまり、ダイレクトに勃起の中枢神経に作用するため、ペニスが勃起状態になりやすくなります。

セックスの最中にペニスが萎えてしまう中折れやインポを改善するのには効果があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。