短小って言うな!!でも実際オレって短小…なのか?短小とマイクロペニスについて。

0905ec

 

■短小って何なのか?

 

男性の方で自分が短小ではないかと悩んでいる方は多いと思いますが、どういうものが短小であるかがわかっている人は少ないと思います。

 

一般的に、短小とはペニスが小さくて長さがない状態のことを表して使用されている言葉です。

 

ペニスというのは、男性器のシンボルなので、小さいとか短いというのは男性としての自信喪失につながります。

 

人によっては深い悩みをかかえ、コンプレックスを持つようです。

 

 

男性のペニスに対するコンプレックスにもいろいろとありますが、短小というのは常に上位にランクインします。

 

そのため、短小の悩みを解消する商品が数多く出回っています。

 

例えば、サプリメントやクリーム、ペニスを伸張するための器具などです。

 

また、確かなデータがあるわけではないのですが、日本人男性の3人に1人は自分のペニスは短小ではないかと思い込んでいます。

 

 

 

■短小に基準はあるのか?

 

自分は短小ではないかと思い込み悩む人は数多くいるのですが、正確な短小の判断基準を知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

 

どのくらいのサイズで短小と判断するかは、ほとんどの人が知らないでしょう。

 

短小の判断基準について知らない人が多いのも当然で、実は短小のはっきりとした基準というものはないのです。

 

ただし一般的な基準とされているものはあるので、ご紹介しておきます。

 

 

(1)マイクロペニス

単純にペニスの大きさだけを比較して、短小かどうかを判断するのは意味がありません。

 

ペニスの大きさは身長と関係していることが多く、背が高い人と低いを単純に同じ基準で判断するのはおかしいのです。身長に比例したペニスのサイズであれば、特に異常があるとはいえません。

 

ただし、マイクロペニスの場合は短小とは違って、性機能に問題があり病気のひとつとされています。短小もマイクロペニスも勃起の前後を問わずペニスが小さいのですが、マイクロペニスは治療をする必要があります。

 

マイクロペニスの基準は成人であれば94mmとされていますが、これはアメリカ人男性の基準です。日本人男性なら勃起時のサイズが5cm以下ならマイクロペニスとされています。

 

 

(2)標準サイズ

短小かどうかを判断する際には、日本人の平均的なサイズを知っておくといいでしょう。

 

日本人の平均的なペニスサイズを知らないで、勝手に自分は短小ではないかと思い込んでいる人が意外と多いのです。

 

平常時のサイズで8cm前後、勃起時のサイズなら12~15cmであれば平均的サイズと判断できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。