彼氏が短小じゃ彼女はつらい!!いつまでもそんな男でいるな!!

 

ペニスの増大は医学的に可能なことなのか

ペニスが小さくて悩んでいる日本人男性はかなりいると言われています。

自分は短小じゃないかと悩んでいる男性なら、ペニスを増大したいと考えるのは当然のことでしょう。では、医学的にペニスを増大させることは可能なのでしょうか。

 

結論から先に言ってしまうと、ペニスの増大は医学的に可能とされています。ペニスを増大させる方法といっても、その種類は多く内容に大きな差があります。

ペニスというのは人体の器官の一部であって、他の器官とほぼ同じです。このような視点でペニスを増大できるかどうかについて考えてみれば、医学的に可能であるということが理解できます。

 

例えば筋肉を増強できるかといえば、医学的には可能ですよね。 なぜペニス増大法はあやしいのか 医学的にペニスを増大させることは可能であるにもかかわらず、なぜペニス増強法はあやしく見られるのでしょうか。

これは効果がないものや偽物が大量に市場に出回っていて、ほとんどの消費者がそれらしか目に触れる機会がないためです。

つまり、本当に効果のあるペニス増大法に出会っていないことが大きな原因となっているのです。

巷で出回っているペニス増大法のうち9割以上が効果の期待できないまがい物だというデータもあるほど、偽物が世間にははびこっています。

一般的なペニス増大法には、マッサージ、サプリメント、器具、外科的手術の4種類がありますが、外科的手術以外に偽物やまがい物が数多くあります。

9割以上が効果を期待できないものであれば、全体のイメージが悪化するのは当然のことでしょう。

 

 

ペニスはどのくらい増大可能なのか

ペニス増大法には効果があるとして、どれほどの効果が期待できるのでしょうか。

だれでもできるだけ大きくしたいと考えるので、大きな期待をするものです。ところが、実際にどのくらい増大できるかは、どういう方法で行うか、どのくらいの時間をかけて行うかによって変わってきます。

たとえ同じ手段でやったとしても、個人差が出る可能性もあるでしょう。

雑誌などにある宣伝広告で「10㎝以上の増大も可能」というのを見ますが、これは明らかに誇大広告であり実際の効果は期待できません。

正確には現在のペニスの長さを約30%アップさせることしか期待できないのです。

外科的手術以外の3つの方法で自然に増大させた場合、約30%アップが限界というのがおよその定説とされています。

例えば、ペニスの長さが10㎝なら13㎝くらいまでが現実的に妥当なラインと言えそうです。

つまり、これ以上の増大が可能という宣伝をしているものは、個人差の影響もありますが過剰な期待はしない方がよく、そのサービスや商品などをきちんと見極める必要があると言えますね。

 

 

おすすめサプリはこれだ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。